寺島ナスの茶筒も発見

内藤かぼちゃの朱肉入れの発見にうれしくなって、持っている工芸品で野菜の形をしたものをチェックしてみた。寺島ナスの茶筒を発見。15年以上前に神楽坂の山下漆器店で買い求めたものである。ヘタと実のバランスが寺島ナス風で、ヘタの割に実が小さくナスの形がコロンとしていてかわいいのである。

どんどんできる馬込半白キュウリ

5月20日に苗を植えた馬込半白キュウリ。本当に育つのか、本に書いてあるようにこんな小さい苗が本当に2m以上に成長するのか、実がなるのか、すべてか未知であった。1か月半、今やその心配は杞憂に終わり、毎日4~5本とれるきゅうりをなんとお隣にも配り始めている。きゅうりの生命力に押されて東京のマンション暮らしではあまりない人と人との付き合いが起こっている。江戸東京野菜の力恐るべしである。

内藤かぼちゃの朱肉入れ

10年以上前にかぼちゃの形をした鉄製の朱肉入れを購入した。ぼこぼこと凹凸のあるかぼちゃの形が気に入って求めた。