五感教育

脳を全体的に刺激する五感教育の在り方を考えていきます。
頭だけではなく、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚をフルに使っていろいろなことを学びます。

音楽のブンネ

スウェーデンの音楽療法士である、ステン・ブンネ氏によって開発された「ブンネ法」。ブンネ法は楽器をみんなで一緒に演奏する参加型の音楽体験です。子供や高齢者など、楽器に触れたことのない人でもすぐに演奏できるギターやベースなどの「ブンネ楽器」を使いみんなで一緒に曲を奏でます。
脳が最も成長し、様々なことを吸収する幼児期。その時期に誰でも簡単に演奏できるブンネ楽器を使い、歌や動作の演習をすることはとても重要なことです。脳の発達、社会の中で自己を正しく認識する力など、子供の身体的、精神的発達や社会性を養います。また、幼いうちに音楽に対するセンスも育むことができます。子供たちが「演奏家」としてグループに参加することで、成長の可能性を大きく高めることができます。

森のムッレ

「ムッレ」とはスウェーデン語で「土」を意味し、森にすむ妖精の名前。教室には「森のムッレ」という空想上の妖精が登場します。「ムッレ」は子供たちと自然の橋渡し的な存在。草木や動物と話し、自然の気持ちを伝えます。またファミリーコーチが「ムッレリーダー」となり、子供たちと自然の中で歌ったりゲームをしたりします。特徴的なのは、雨の日でも外で遊ぶということ。五感を最大限に使って楽しむことができます。幼児期に足りなかった自然体験を、小学生の段階で取り戻せるようなプログラムです。
スウェーデンの学者たちの共同研究によって報告された結果があります。ムッレ教室を導入した「野外保育園」と「通常の保育園」を比較したところ、前者の園児の方が「身体能力」、「集中力」などが優れており、「話を聞く能力」も高かったのです。自然の中での学びが、成長にはとても大切だということがわかりました。

ファミリーコーチ一覧